Your project will be made success by this platform.

定例ミーティングをやった方が良いかどうか。

予定日:2020年12月11日(金)

新しい案件や新しいプロジェクトが始まったときに最初に疑問になるのが定例ミーティングをやるべきかどうかという事になります。これが新規のお客さんや全く新しい業務を行う場合はさらに難しく、なんとなく引き受けてしまった案件では随時ミーティングを行うような流れになってしまいます。

 

結論から申しますと、「定例ミーティングは必ずやった方が良い」という事です。理由は過ぎた時間は取り戻せないからです。例えば定例ミーティングを行わないプロジェクトは、プロジェクトの時間的な区切りが無い状態で進行することになり、結果的に進捗が遅れてしまう事が多くあります。

 

定例ミーティングを1週間に1回行うようにしておけば、次の定例までに何を完成させる、という区切りがつくので定例ミーティングは是非行っていただいた方が良いでしょう。そして、定例ミーティングも毎週何曜日の何時からという形でスケジュールを抑えてしまった方が良いでしょう。

 

プロジェクトスタート時にはまず定例ミーティングの日程を決めることが、成功への道筋となるはずです。

 

ナビゲーター

石田芳輝
プロジェクト・クルーザーの運営事務局の石田と申します。 皆様の使いやすいシステム開発と、安心で安全なプラットフォームの運営を行っています。 ご要望やご意見などお問い合わせフォームからお送り頂けますと幸いです。
関連キーワード
定例 (9)
ミーティング (7)
プロジェクト (4)
区切り (2)
案件 (2)
スケジュール (1)
業務 (1)
結果的 (1)
最初 (1)
日程 (1)



おすすめコンテンツ