Your project will be made success by this platform.

ウェブマーケティングの手法とターゲットへのリーチ方法

予定日:2021年1月5日(火)

テレワークの普及や働き方改革などで一気にデジタルトランスレーションが進んだ日本ですが、いろいろなものがデジタル化していくと消費の先もウェブサービスが多くなることが予測されます。ウェブサービスをうまくマーケティングするにはどういう手段があるのでしょうか。

 

まず、ウェブを使ってマーケティングする手法として下記のような手法がありますが、それぞれ一長一短があるため目的にあった手段を使う必要があります。

 

マーケティングを行う先としていくつかのSNSやポータルサイト、広告サービスをピックアップしてみました。それぞれリーチできるターゲット層をプライベート(コンシューマー)からビジネスまでとしてポイントしています。それぞれの媒体は下記のように分類されます。

 

Twitter(担当者が投稿)

企業がツイッターのアカウントを作成し企業の情報を自分でツイートする場合は無料での告知が可能です。ただし、担当者自身が投稿を行うため内容の精査や投稿するネタの枯渇などの問題があり、フォロワー数の伸びについても課題が残ります。

 

Instagram(担当者が投稿)

ファッションや飲食、旅行などコンシューマー向けのサービスで、なおかつビジュアルが重視される場合はインスタグラムに自社商品の写真を投稿することで効果的に集客を行うことができます。ただし、これもTwitterと同じで投稿内容や投稿の持続、フォロワーの獲得という課題が残ります。

 

Facebook(投稿者が投稿)

サービスの内容がビジネスや法人向けのサービスの場合はFacebookを利用する事ができます。ただ、Facebookは非常にクローズドな世界で新たな出会いを作るのが中々難しいSNSとなっています。Facebook内にはFacebookページという企業やグループ向けのサービスが有るため、この機能を利用することで新規のユーザーを開拓することも可能です。

 

ポータルサイト(Yahooや食べログ、発注ナビなどの集客サイト)

サービスとしては有料となりますが、マーケティングのテコ入れをする場合や初速を付ける場合は月額費用を支払ってこれらのポータルサイトに登録することで確実に顧客の導線を作ることができます。ポータルサイトの知名度や月額費用と実績の効果など経済条件を見極める必要があります。

 

Google AdWords

キーワードやバナーなどインターネット上のあらゆる広告を牛耳っているGoogleへの出稿を行います。キーワードを少額で購入することで世界中のインターネットメディア上に広告を出すことができます。キーワードは単価が変動相場制になっており、複数のキーワードを組み合わせて広告を出すことができますが、良い場所に広告を出すにはやはりそれなりの金額がかかる為、どのようなキーワードを使用すると効果的なのかを吟味する必要があります。

 

ナビゲーター

藤澤龍司
空飛ぶ時代のマーケッター。ウェブやSNSを駆使したマーケティング理論について研究しています。
関連キーワード
Facebook (5)
キーワード (5)
マーケティング (4)
ポータルサイト (4)
内容 (3)
担当者 (3)
効果 (3)
企業 (3)
手法 (3)
ターゲット (2)



おすすめコンテンツ

2021年2月15日(月)
2021年2月15日(月)
2021年2月15日(月)
2021年2月15日(月)