Your project will be made success by this platform.

どこからでもWindowsを使いたいクラウド型リモートデスクトップ環境

予定日:2021年1月15日(金)

仕事で使用するデスクトップ環境は、PCにWindows10をインストールして使用するということが通常だったのですが、Windowsをクラウド環境で提供しているサービスがいくつかありますので紹介していきたいと思います。

 

クラウド環境で提供されるWindowsはPCにインストールされているリモートデスクトップというアプリケーションを使ってアクセスします。リモートデスクトップはMacからも使用できるため、家にMacしかないけど急遽Windowsを使用しなければならない場合などにも、このクラウド型のWindowsは強力な味方となってくれます。

 

今回はまずはどの様な会社がどれぐらいの金額でWindowsのサービスを提供しているのかを紹介します。

 

さくらのVPS for WindowsServer

 

名前が WindowsServer となっていますが、内容はWindow10と全く同じと言っても問題ありません。

CPU:2コア、Mem:1GB、SSD:50GBで月額1000円(税別)となっています。

さくらのVPS for WindowsServer

 

 

NTT PC Communications Indigo

 

1時間単位での利用が可能で、1時間あたり1.25円ですが、時間利用する場合は作業が終わったあとにインスタンスを破棄しなければならないため、毎回ソフトのインストールなどが必要となります。

CPU:2コア、Mem:1GB、SSD:50GBで月額750円(税別)となっています。

NTT PC Communications Indigo

 

 

KAGOYA VPS Windows Server

 

1日単位での利用が可能で、1日あたり52円です。仮想サーバーを破棄すれば、翌日以降は料金が発生しないようで、基本的には1日単位の課金なようです。

CPU:2コア、Mem:1GB、SSD:50GBで月額1430円(税別)となっています。

KAGOYA VPS Windows Server

 

 

 

上記のように日本国内で使用可能なリモートデスクトップ環境のWindowsが使用できるサービスがあるので、このあとそれぞれ実際に契約してみてどれくらいのスペックであれば業務に耐えうるのかを確認していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

ナビゲーター

石田芳輝
プロジェクト・クルーザーの運営事務局の石田と申します。 皆様の使いやすいシステム開発と、安心で安全なプラットフォームの運営を行っています。 ご要望やご意見などお問い合わせフォームからお送り頂けますと幸いです。
関連キーワード
Windows (9)
PC (4)
クラウド (4)
リモートデスクトップ (4)
VPS (4)
環境 (4)
50GB (3)
2コア (3)
月額 (3)
Mem (3)



おすすめコンテンツ