Your project will be made success by this platform.

ドローン操縦が免許制へ、日本の領空は米軍に支配され続ける

予定日:2021年3月12日(金)

日本政府は3月9日にドローン操縦のライセンス精度の新設を含む航空法改正案を閣議決定しました。また、機体の安全性の認証制度も新設する予定で、これらの法改正が行われることで第三者の上空腕操縦者が機体を視認できない目視外飛行も可能となるようです。

 

これまで免許などは関係なしにドローンを操縦できていなのですが、この法案が可決されることでドローンを自由に飛ばすことはできなくなり、ドローンスクールに通って免許を取らなければ飛行させることはできないということになります。

 

また、先日は安全保障の面で中国製のドローンは飛ばせなくなるニュースも出ていました。いろいろ空の世界についても法規制が入ってきてボクタチの安心で安全な生活が守られているんだなぁと思います。

 

ナビゲーター

石田芳輝
プロジェクト・クルーザーの運営事務局の石田と申します。 皆様の使いやすいシステム開発と、安心で安全なプラットフォームの運営を行っています。 ご要望やご意見などお問い合わせフォームからお送り頂けますと幸いです。
関連キーワード
ドローン (6)
機体 (2)
ライセンス (1)
ボクタチ (1)
法案 (1)
領空 (1)
ニュース (1)
上空 (1)
精度 (1)
スクール (1)



おすすめコンテンツ